ネイルサロン SanLorenzo-南青山- > ネイルメニュー > アクリルスカルプチュアについて

ネイルメニュー

アクリルスカルプチュアについて

★アクリルスカルプチュアとは
アクリルの粉と溶液を混ぜたものを爪にのせて形作る人工爪です。
一般的にスカルプと呼ばれております。
硬さと強度があるため長さを出しても折れにくいのが特徴です。
★メリット
長さを自由に作ることができます。
形をファイル(やすり)で整えるため、爪の形が全体的に統一されます。
硬度が高いために折れにくくなります。
また、マニキュアと違い乾くまで待つことなく施術後すぐに手を使えます。
★デメリット
爪の質によっては浮きやすい場合がございます。
浮きが大きくなると、その部分に水分が残りやすくなりカビになる事がございます。
★お直し
3週間程度で伸びた部分のお直しをすると持ちが良くなります。
★オフ
専用の溶液をしみこませたコットンを爪表面に置き、アルミで指先をくるんで10分ほど置きます。
溶けた部分を取り除き、溶けきらない部分はファイルで削り自爪の状態に戻します。
★アクリルフローターとアクリルスカルプチュア
【アクリルフローター】
そのままの爪の長さでアクリル素材をのせます。
ひびの入った爪や二枚爪を補強するためにされる方が多いようです。
【アクリルスカルプチュア】
自爪を短く整え、爪先の長さを人工的にアクリル素材で作ります。
一般的にアクリルスカルプチュアをされる方が多いようです。

一覧へ戻る

San Lorenzo -サンロレンツォ- MOBILE SITE

お取扱いクレジットカード